量子ドット (リョウシドット)とは、

『小さな半導体粒子を数百から数千個集めたもの、及びそこに入射した光を別の色に変換する技術のこと』

従来の技術より色の再現域が広い。

関連記事