剰え (アマツサエ)とは、

 

「余り」と助詞の「さえ」が語源で、

 

余りさえも →

『そのうえ、おまけに』

悪い事柄が重なるときに用いる

関連記事