八百長 (ヤオチョウ)とは、

『上部だけの勝負』

明治時代に八百屋の長兵衛という人が、客の力士に沢山ものを買ってもらうためにわざと囲碁で負けて機嫌をとっていたことが語源

関連記事