Dunning–Kruger Effect

(ダニングクルーガーエフェクト)とは、

 

『能力の低い人ほど、自分を過大評価する傾向のこと

 

コーネル大学のデイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーの実験によって定義された説

関連記事