最適者生存/Survival of the fittest

(さいてきしゃせいぞん)とは、

 

ハーバート・スペンサーが発案した概念で、

『環境に適してきたものが、生き残っていったという概念』

関連記事