歌舞伎

千秋楽 (読み)せんしゅうらく

千穐楽/千穐樂/千龝樂 (センシュウラク)とは、

芝居や相撲等の

『興行の最後の日』

日本の古典音楽で、1日の最後の曲には必ず「千秋楽」を演奏したということが語源とされる。

関連記事

正念場

外連味 (読み)けれんみ

けれん味 (ケレンミ)とは、

外連「ごまかし」という意味から、

『ハッタリやごまかしを効かせた演出のこと』

例文:

ケレン味がない = ごまかしのない

関連記事

外連

外連 (読み)けれん

外連 (ケレン)とは、

『ごまかし、はったり』

歌舞伎の演出方法で、大掛かりで奇抜な演出を「外連」と読んだことが語源。

関連記事

外連味

正念場 (読み)しょうねんば

性念場 (ショウネンバ)とは、

『非常に重要な局面』

仏教の概念で、正念「本心」という意味で、歌舞伎等で「一曲一場の大事な見せ場」という意味で使われるのが語源

関連記事

千秋楽

テレコ (読み)てれこ

てれこ (テレコ)とは、

『互い違い』

歌舞伎の世界で、二つの異なる脚本を一つにまとめ一幕おきに交互に展開することを「てれこ」と言うことが語源

関連記事