宇宙

月食 (読み)げっしょく

月食 (ゲッショク)
とは、

条件

地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月食が起こる。

種類

皆既月食
(かいきげっしょく)

太陽と地球が一直線になる線に、月が完全に重なる場合を「皆既月食」という。

由来は、「すべて」「尽きる」で「食べ尽くす」という意味から。

部分月食
(ぶぶんげっしょく)

太陽と地球が一直線になる線に、月が部分的に入る場合を「部分月食」という。

半影月食
(はんえいげっしょく)

太陽から月への光を、地球が部分的に遮る場合を「半影月食」という。

頻度

毎年2回から4回の月食が起こる。

月食の発生頻度は日食より低いが、月食は月が見えてさえいれば地球上のどこからでも観測が可能。

語源

元々は “月蝕” と書き、「むしばむ」で、「月がむしばまれる」という意味から。その後、”” が公用文では使えなくなり、 “月蝕” と書かれるようになった。

関連記事

日食

日食 (読み)にっしょく

日食 (ニッショク)
とは、

条件

日食は、太陽と月の規則的な運行周期の一致により、太陽・月・地球が一直線に並ぶことによって起こる。

種類

皆既日食
(かいきにっしょく)

太陽の全体が隠される場合を「皆既日食」という。

由来は、「すべて」「尽きる」で「食べ尽くす」という意味から。

金環日食
(きんかんにっしょく)

月の外側に太陽が少しはみ出し、細い光の輪が見える場合を「金環日食」という。

由来は、「輪の形」で、「金の輪」という意味から。

部分日食
(ぶぶんにっしょく)

月によって太陽の一部が隠される場合を「部分日食」という。

金環皆既日食
(きんかんかいきにっしょく)

ある地点では皆既日食、別の地点では金環日食として観測される場合を「金環皆既日食」という。

頻度

日食の頻度は、その地域の緯度経度によって異なる。

地球全体で見ると、毎年2回から5回の日食が起こる。回数に幅があるのは、交点が移動するため。

語源

元々は “日蝕” と書き、「むしばむ」で、「太陽がむしばまれる」という意味から。その後、”” が公用文では使えなくなり、 “日食” と書かれるようになった。

関連記事

緯度

経度

大気 (読み)たいき

大気 (タイキ)
とは、

関連記事

惑星

Space Debris (読み)スペースデブリ

space debris (すぺーすでぶり)
とは、

概要

スペースデブリは、宇宙船やロケットの部品、衛星の断片等によって生成される。

これらは、宇宙船や衛星に衝突する恐れがあったり、地球周回軌道上のゴミの量が増加すると、将来的には宇宙空間における軌道運動や宇宙活動にも影響を与える可能性がある。

語源

space「宇宙」debrisがれき、破片」という意味から。

関連記事

【名】space

【名】debris

がれき

【名】Space (読み)スペース

【名】space (すぺーす)
とは、

語源

ラテン語の spatium「広がり、間隔」が語源。

関連記事