囲碁

駄目 (読み)だめ

駄目 (ダメ)とは、

 

『よくない状態にあること』

 

囲碁で、黒の陣地と白の陣地の間にできた隙間の部分のことを「駄目」と言い、そこに打ってもどちらの陣地も増えも減りもしない「無駄な目」であることが語源。

関連記事

結局 (読み)けっきょく

結局 (ケッキョク)
とは、

『結末、最後』

語源

囲碁で、1局を打ち終えることを「結局」と言うことから。

関連記事

とどのつまり

目論見 (読み)もくろみ

目論見 (モクロミ)とは、

囲碁用語で、対局時に目を計算することを

目論」 ということが由来で、

 

目論を見えるようにしたもの →

『計画、企て』

関連記事