古語

下衆 (読み)げす

下種 (ゲス)とは、

 

上衆「身分の高い人」の対義語で、

「下の」「人々」で、

 

『品性の劣った人』

関連記事

上衆

前途多難 (読み)ぜんとたなん

前途多難 (ゼントタナン)とは、

 

前途「前にある道」多難「困難が多い」が成り立ちで、

 

『これから先多くの困難や災難が待っているさま』

関連記事

師走 (読み)しわす

師走 (しはす)とは、

 

『12月のこと』

 

日本が陽暦を採用する前の和風月名の呼び方で、

「僧侶が忙しく東西を走りまわる月」というのが由来

関連記事

大晦日