古語

相伴 (読み)しょうばん

御相伴 (おしょうばん)とは、

 

室町時代、将軍に共する人を「相伴衆」といったことから、

 

『連れの人、連れとして同席しもてなしを受けること』

関連記事

ご相伴にあずかる

生憎 (読み)あいにく

生憎 (アイニク)とは、

 

『期待や目的にそぐわないさま』

 

あや憎し」という古語が語源で、思い通りにならない事態や都合が悪い状況を残念に思っている気持ちを表した言葉

関連記事