古語

馳せ参ずる (読み)はせさんずる

馳せ参じる (はせさんじる)とは、

馳せる「駆ける」という意味から、

『大急ぎで参上する』

関連記事

馳せる

馳せる (読み)はせる

馳せる (ハセル)とは、

『 速く走る、駆ける』

関連記事

馳せ参ずる

東雲 (読み)しののめ

東雲 (シノノメ)とは、

『東の空から徐々に明るくなってくる頃、明け方』

篠の目「昔の住居の窓」が語源で、明け方に東の窓から差す光からそう言われるようになった。

東雲」は東の空を意味する当て字。

「とううん」と読むこともある。

関連記事

黄昏

黄昏 (読み)たそがれ

黄昏 (タソガレ)とは、

『夕方の薄暗い時、夕暮れ』

誰そ彼「誰だ彼は」というのが語源で、

薄暗くなった夕方は人の顔が見分けにくかったことから。

本来は「こうこん」と読む。

関連記事

東雲