古語

渡りに船 (読み)わたりにふね

渡りに船 (ワタリニフネ)とは、

『要なものや条件が都合よく揃うこと』

川を渡ろうとする時に都合よく船がいることが語源。

関連記事

奇しくも (読み)くしくも

奇しくも (クシクモ)とは、

奇し「神秘的な、不思議な」に係助詞の「も」がついた形で、

『偶然にも、不思議にも』

関連記事

奇し

てにをは (読み)テニヲハ

てにをは (テニヲハ)とは、

日本語の助詞の、「て」、「に」、「を」、「は」等、

『助詞の総称

関連記事

精通 (読み)せいつう

精通 (セイツウ)とは、

 

「細かく詳しいこと」「ある事柄に詳しいこと」

と同じような意味の漢字を2つ重ねて強調した言葉で、

『ある物事について詳しく知っていること

 

「精液」「通る」で、

『男子の初めての射精

関連記事