化学

量子ドット (読み)りょうしどっと

量子ドット (リョウシドット)とは、

『小さな半導体粒子を数百から数千個集めたもの、及びそこに入射した光を別の色に変換する技術のこと』

従来の技術より色の再現域が広い。

関連記事

エキス (読み)えきす

エキス (えきす)とは、

オランダ語の extract(エキストラクト)「抽出物」が語源で、

『動物や植物などの成分を液体等に濃縮したもの』 

関連記事

【名】essence

温帯低気圧 (読み)おんたいていきあつ

温帯低気圧 (オンタイテイキアツ)とは、

熱帯低気圧と区別する必要がある場合に使われる言葉で、

『熱帯低気圧の特徴がなくなった低気圧』

台風が台風の特徴を失った際に使われる言葉。

「台風第〜号は、温帯低気圧になった」というように用いる。

関連記事

熱帯低気圧