仏教

浮世離れ (読み)うきよばなれ

浮世離れ (ウキヨバナレ)とは、

浮世「俗世間」から離れていると言う意味で、

『俗世間のことに無関心なこと

『考え方や生き方が世間一般の常識とかけ離れていること

関連記事

浮世

浮世 (読み)うきよ

浮世 (ウキヨ)とは、

死後の世に対して、

『俗世間、現実生活

もとは「憂き世」で、憂き「つらい」「世界」で、
「つらいことの多い世の中」と言う意味。

関連記事

浮世離れ

三昧 (読み)ざんまい

三昧 (さんまい)とは、

『心を一つの対象に集中する状態

雑念を去り没入することによって、対象が正しくとらえられるとする仏教の教えが語源。

関連記事

行法 (読み)ぎょうほう

行法 (ギョウホウ)とは、

『仏道を修行すること

関連記事

拘泥 (読み)こうでい

拘泥 (コウデイ)とは、

 

「こだわる」「泥む」と、

同じような意味の漢字を2つ重ねて強調した言葉で、

 

『こだわること』

関連記事