仏教

森羅万象 (読み)しんらばんしょう

森羅万象 (シンラバンショウ)とは、

森羅「無数に並びつらなること」万象「すべての形あるもの」という意味で、

『ありとあらゆる物事や現象のこと』

関連記事

所作 (読み)しょさ

所作 (ショサ)とは、

「~ される」「人の振る舞い」で、

『行い、振る舞い

関連記事

所詮

【名】Detachment (読み)デタッチメント

【名】detachment (でたっちめんと)とは、

de-「離れる」attachment「付着」で、

『分離、孤立

 

『人や物事等への愛着欲求を克服し、欲望から解放され、苦しみから解脱するという概念

関連記事

【名】attachment

因果応報 (読み)いんがおうほう

因果応報 (インガオウホウ)とは、

仏教用語で、

『良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるというこ』

仏教の言葉が語源になった四字熟語で、
「原因」「結果」応報「行為に対して受ける報い」が成り立ち。

関連記事

応報

応報 (読み)おうほう

応報 (オウホウ)とは、

仏教用語で、

『行為に対して受ける報い』

関連記事

因果応報