中国史

大団円 (読み)だいだんえん

大団円 (ダイダンエン)とは、

「大きい」団円「丸いこと」が成り立ちで、
中国でめでたいときに丸いものをみんなで囲んで食べる習慣を「団円」と呼んだことが語源で、

『円満であること、誰も欠けることなく終わること

 

転じて、

『演劇や小説等の最後の場面

関連記事

火を見るよりも明らか (読み)ひをみるよりもあきらか

火を見るより明らか (ヒヲミルヨリアキラカ)とは、

『きわめて明らかで、疑いようのない様子』

悪い結果になるのが予想される場合に使う。

中国の歴史書に書かれている内容に、
”お前たちが愚かであることは火を見るよりも明らかである”(火は誰が見ても火と分かる)という台詞があり、これが語源。

関連記事

下放 (読み)かほう

下放 (カホウ)とは、

 

かつて中国で行われた、

『国民を地方に送り出し、農民の生活を体験させる政策のこと』

関連記事

破天荒 (読み)はてんこう

破天荒 (ハテンコウ)とは、

 

『誰もなしえなかったことをすること』

 

中国で、試験の合格者が現れない土地を「天荒」と呼び、それを合格して破った人が「破天荒」と呼ばれたことが語源

関連記事

罵詈雑言 (読み)ばりぞうごん

罵詈雑言 (バリゾウゴン)とは、

 

「ののしる」「激しく非難する」

雑言「悪口を言う」で、

 

『悪口の限りを尽くすこと』

関連記事