ヘルスケア

糖新生 (読み)とうしんせい

Gluconeogenesis
(グルコネオジェネシス)
とは、

概要

人間は通常食事からグルコースを摂取するが、食事が不足すると体内のアミノ酸やグリセロールなどの非糖質物質を利用してグルコースを合成する。これを糖新生という。

語源

糖新生

グルコース「新しく」「生成」で、「グルコースを新しく生成する」という意味から。

Gluconeogenesis

ギリシャ語が語源で、gluc「グルコース」-neo-「新しい」-genesis「生成」で、「グルコースを新しく生成する」という意味から。

関連記事

グルコース

胸脇苦満 (読み)きょうきょうくまん

胸脇苦満
(キョウキョウクマン)
とは、

漢方医学

概要

胸脇苦満は、漢方の腹診で、みぞおちから胸のわきにかけて充満した苦しさがあり、肋骨の下を押すと抵抗がある症状をいう。

語源

「むね」「脇腹」「苦しさ」「充満」で、「胸から脇腹にかけて苦しさが充満する」という意味から。

関連記事

症状

漢方

機能性表示食品 (読み)きのうせいひょうじしょくひん

機能性表示食品
(キノウセイヒョウジショクヒン)
とは、

概要

機能性表示食品は、科学的根拠に基づき、特定の保健の目的が期待できる旨を表示することができる制度。

特定保健用食品と機能性表示食品の違い

特定保健用食品” は、消費者庁が個別に審査し、認可されたもののみ表示できる。
機能性表示食品” は、審査を受ける必要はなく、事業者の責任で機能性を表示できる。

関連記事

特定保健用食品

認可

特定保健用食品 (読み)とくていほけんようしょくひん

特保/トクホ
(とくほ)
とは、

概要

特定保健用食品は、消費者庁が有効性・安全性を審査する。
審査を経て認可された食品は、”特定保健用食品” として表示することができる。

特定保健用食品と機能性表示食品の違い

特定保健用食品” は、消費者庁が個別に審査し、認可されたもののみ表示できる。
機能性表示食品” は、審査を受ける必要はなく、事業者の責任で機能性を表示できる。

関連記事

機能性表示食品

認可

抗生物質 (読み)こうせいぶっしつ

抗生物質
(コウセイブッシツ)
とは、

概要

抗生物質は、カビなどの微生物から作られ、他の生物細胞の発育や生理機能を阻害する。

抗生物質は、細菌が感染症を引き起こす際に効果があるもので、ウイルス性感染症には効果がない。

語源

「あらがう」「細菌」で、「細菌に抗う物質」という意味から。

関連記事

カビ