ことわざ

酸いも甘いも噛み分ける (読み)すいもあまいもかみわける

酸いも甘いも噛み分ける (スイモアマイモカミワケル)とは、

酸い「苦い経験」甘い「良い経験」と言う意味で、

『良い経験にも苦い経験にも精通していること』

関連記事

火を見るよりも明らか

火を見るよりも明らか (読み)ひをみるよりもあきらか

火を見るより明らか (ヒヲミルヨリアキラカ)とは、

『きわめて明らかで、疑いようのない様子』

悪い結果になるのが予想される場合に使う。

中国の歴史書に書かれている内容に、
”お前たちが愚かであることは火を見るよりも明らかである”(火は誰が見ても火と分かる)という台詞があり、これが語源。

関連記事

袂を分かつ (読み)たもとをわかつ

袂を分かつ (タモトヲワカツ)とは、

 

『関係が深い人と別れること』

 

昔、好きな人に向かってを振ると恋愛が成就すると言われていたが、結婚をした女性はを振らなくなるため袖を短くし親元を離れたことが語源

関連記事

尻に帆を掛ける (読み)しりにほをかける

尻に帆を掛ける (シリニホヲカケル)とは、

 

『慌てて逃げ去ること』

 

昔の人が急いで逃げた際に、ふんどしが風でふくらみ帆を掛けたようになることが語源

関連記事

言い得て妙 (読み)いいえてみょう

言い得て妙 (イイエテミョウ)とは、

 

言い得て「言っていることが的を射ている」

「不可思議、素晴らしい」が成り立ちで、

 

『巧みな表現で的確に言い表しているさま』

関連記事